1. HOME
  2. 事業内容
  3. 製粉・ミックス事業

製粉・ミックス事業をご紹介します

事業概要

私たち千葉製粉は、原料素材を徹底的に分析・管理して高品質の小麦粉、プレミックスおよび米粉を生産し、お客様に寄り添うことで新しい「美味しさ」と「豊かさ」を追求しています。

食生活を取り巻く環境が大きく変化する中、小麦粉の用途も多様化しており、「味」や「食感」の好みも変化しています。小麦粉も米粉も、原料の原産地や種類などによって特性は異なります。千葉製粉では、原料素材を徹底的に分析・管理して高品質の小麦粉・米粉を生産してお客様のご要望にお応えできるようにしています。また、プレミックス製品では、省力化・生産効率の向上に貢献できるような作業性の良い製品や、時代のニーズに合った独自性のある食感・風味を持つ製品を作り出しています。

PAGE TOP▲


お知らせ/新着情報

新製品情報/展示会出展情報/メディア情報などを随時発信します。

製粉・ミックス事業(新製品情報)2017/11/20新規中華麺用粉「花象(麺)剛堅」を発表いたしました。

麺の「かたさ」にこだわった新規中華麺用粉「花象(麺)剛堅」を発表いたしました。詳しくはこちらをご参照ください。

製粉・ミックス事業(新製品情報)2017/11/20新規麺用粉「花象 麺の誉」を発表いたしました。

北海道産小麦を100%使用した新規麺用粉「花象 麺の誉」を発表いたしました。詳しくはこちらをご参照ください。

製粉・ミックス事業(新製品情報)2017/11/17新規フランスパン用粉「エクラ‐エル」を発表しました。

「パリッと歯切れよく」を特徴とした国内産小麦を使用したフランスパン用粉「éclat-R:エクラ‐エル」を発表しました。詳しくはこちらをご参照ください。

製粉・ミックス事業(新製品情報)2017/11/17新規菓子用粉「デジェール」を発表しました。

「ふわりとほどける」食感の新規菓子用粉「DEGAILE:デジェール」を発表しました。詳しくはこちらをご参照ください

製粉・ミックス事業(新製品情報)2017/11/17新規パン用粉「ファムエール」を発表しました。

「ふんわりとさっくりと」した食感の新規パン用粉「FAMOELLEUX:ファムエール」を発表しました。詳しくはこちらをご参照ください。

わかしお便り2017/11/15わかしお便り第3号を発行しました。

製粉関係の月刊情報誌「わかしお便り」第3号を発行しました。詳しくはこちらをご覧ください。

わかしお便り2017/10/17わかしお便り第2号を発行しました。

製粉関係の月刊情報誌「わかしお便り」第2号を発行しました。詳しくはこちらをご覧ください。

製粉・ミックス事業(お知らせ)2017/10/17小麦粉価格改定のお知らせ

小麦粉価格改定のお知らせ

わかしお便り2017/09/15わかしお便り第1号を発行しました。

製粉関係の月刊情報誌「わかしお便り」第1号を発行しました。詳しくはこちらをご覧ください。

PAGE TOP▲


特徴

原料素材を徹底分析し、高付加価値製品を開発
小麦粉は日々の暮らしに欠かせない食材であり、その用途は食生活の変化に伴って多様化しています。私たちは、様々なご要望にお応えするために、原料小麦の原産地や種類、性質を徹底的に分析し把握することで、小麦本来の特性を最大限に引き出せるような原料と小麦粉の組み合わせを追求し、お客様の要望に沿った高付加価値の製品を開発しています。
お客様へのスピーディーな対応

私たち千葉製粉は、お客様のもとへ訪問し直接ご意見やご要望をお聞きしています。お客様が日々作られる商品だからこそ、「食感」「風味」「味わい」に対する‘こだわり’を具現化するためです。

食の多様化に伴い、食品に対する消費者のニーズも刻々と変化しています。
私たちは、すばやい対応と的確なご提案をすることにより、お客様と共により良い商品を作り上げることを目指しています。
お客様の製品開発を全力でサポート
製品開発を全力でサポート
「美味しさ」と「豊かさ」を実現するために、お客様の製品開発のお手伝いをしています。お客様の要望に沿ったレシピをご提案するために、技術と経験、ノウハウを持った専門スタッフがお客様と一緒に商品を組み立てていきます。
「美味しい!」というお客様の笑顔に接することが出来るように全力でサポートしています。

PAGE TOP▲


工場のご案内

高水準の技術を取り入れた製粉工場

製粉工場

製粉工場は、A・B・Cミルの3ラインを保有し、FA化された制御により高品質・高品位の小麦粉を安定供給しています。また、歴代の製粉技術者が挑戦を繰り返しながら積み重ねた技術によって、千葉製粉独自の工夫を凝らした製粉工程が随所に組み込まれています。

  • ロール機

    【ロール機】

    小麦は、回転数の異なる一対のロールで粉砕されます。粉砕物はシフター(篩)へ送られます。

  • シフター

    【シフター】

    粉砕された小麦は、シフター(篩)によって粒度選別されます。粒度の細かいものは小麦粉となり、粗いものは大部分がピュリファイヤーへ送られます。

  • ピュリファイヤー

    【ピュリファイヤー】

    篩と空気流によって、セモリナ(胚乳部の破砕片)からふすま分を分離し、より純度の高いセモリナを製造します。分離されたセモリナやふすま分はロール機で再粉砕されます。


製粉工場Cミルでは、ISO22000による管理体制に加え、食品安全環境をさらに整えるために、米国製パン研究所が運営する食品安全システム「AIBフードセーフティ―」を導入しています。衛生管理をシステム化し、監査機関から客観的な評価を得ることで、衛生面の維持・向上に努めています。

お客様独自のオリジナル粉(OEM受託生産)と焙焼粉を製造

粉体加工棟

専用粉ラインは、品質と機能を追究したお客様独自のオリジナル粉を小ロット・小容量から製造しています。
また、焙焼粉ラインでは、従前に比較して熱伝導率の均質性をより高めた設備を採用し、しかも幅広い温度帯での加工を可能にしたことで、品質の安定を図ると共に新たなニーズにもお応えしています。

  • 粉体加工棟

    【保管用布サイロ】

    お客様のオリジナル粉・焙焼粉は、サイロ本体がフィルターの役割を果たし、衛生的に優れたNBS布サイロで大切に保管されます。

  • 粉体加工棟

    【パッカー室】

    一時保管されたオリジナル粉は、衛生管理が徹底された、こちらのパッカー室でパッキングされます。

  • 粉体加工棟

    【工場外観】

    工場は、衛生面の観点からより密閉度を高めるため、外部と通じる窓が設置されていません。


OEM受託生産を積極的にお受けしています。お気軽にご相談ください。

製粉技術を米粉に活かした まいウィート工場

まいウィート工場

「まいウィート」とは、千葉製粉が長年培った製粉技術を米粉に活かし、米と麦の融合による新素材を創造する新しいブランドです。そのブランド名をまとった「まいウィート」工場では、研究室により穀物加工に最も適した製造条件が研究され、特にその粉砕方法には強いこだわりを持っています。まいウィート工場は、研究室の技術により実現した製造条件によって、地元千葉県産米から高品質の米粉を製造しています。

  • まいウィート粉工場

    【粉砕機および集塵機】

    まいウィート米粉は、特殊粉砕機により製造されています。

  • まいウィート粉工場

    【精選設備】

    厳選された原料は、精選設備により夾雑物を除去します。これにより純度の高い原料となります。

  • まいウィート粉工場

    【振動篩】

    米粉は、点検が容易な振動篩を経てパッキングされます。

PAGE TOP▲


事業部のおすすめ

千葉製粉の熟練した開発のプロとお客様とで考案する、お客様専用のオリジナル粉。
新製品では、素材や配合にこだわった使いやすい製品をご用意しています。

  • 専用粉
製品一覧
  • 小麦粉
  • まいウィート米粉

PAGE TOP▲