研究開発
千葉製粉の研究開発
ハトムギの栽培の取り組み
What's 小麦

千葉製粉の研究開発

麦に秘められた特性と可能性を追求し、食のニーズに対応する高度な製品開発体制

千葉製粉は、製粉事業から生み出される小麦粉、グルテン、プレミックスなどの食品素材の加工技術を長年にわたって蓄積するとともに、これらの素材を徹底的に科学し、その秘められた機能を引き出す研究開発を推進しています。
自然の恵みである“麦”の持つ限りない特性を引き出すこと。私たちは、今後も積極的に企業発展の源となる研究開発への挑戦を続けていきます。

製麺開発

製麺開発

原料素材を徹底分析し、高付加価値製品を開発

小麦の持つ優れた特性を引き出し、新しい製品へと導くのが製麺開発の大きな役割の一つです。最新鋭工場で生産される高品質の小麦粉をフルに活用して、さまざまな生活シーンに対応する「めん食文化」の創造に向けて研究を重ねています。

製パン開発

製パン開発

高品質で風味豊かな世界を広げる充実した研究開発体制

吟味した原料の組み合わせ、発酵など製パンに関わる基礎研究をはじめ、独自の開発技術ノウハウを取り入れて、上質でひと味違った風味豊かなパン製品を開発しています。ヘルシー、安全志向など時代のニーズに応えうる、高品質で多彩な食材がここから生まれます。

機能素材開発

機能素材開発

斬新なアイデアを研究で、安心・安全な食品素材を開発

小麦粉の構成成分であるでん粉やタンパク質(グルテン)、カルシウムなどの持つ可能性を追求。そこから食品素材の有効化、化学的修飾を研究することにより、食品用接着剤、小麦ペプチド、化粧品素材など、当社独自の安心・安全な機能素材を開発しています。

プレミックス開発

プレミックス開発

食生活を多彩で豊かにする加工食品の研究開発を展開

食材の理化学的特性の解明、栄養、嗜好などに関する研究など、すぐれた製品を生み出すための研究開発を行っています。これにより当社独自のドーナツ用、ケーキ用、パン用などのベーカリー類や、天ぷら粉、からあげ粉などのプレミックス製品群が生み出されています。